2019.07.26

レストラン ディナー

フレンチ懐石ディナー お品書き

素材自身の個性を引き出す和の技法に、意識的に個性を創る洋の技法を融合させた〝フレンチ懐石コース”

瀬戸内キュイジーヌ
フレンチ懐石コース


はじまりは、焼き茄子のムースから

乾杯のあとは、
 もって菊と茸のコンフィー、鰹との相性は
  食べあわせの提案です

鱧を使った定番料理
 和洋の技法をアレンジして
  徳島の鱧と松茸のスープ煮
   玄米卵はロワイヤル仕立てにして

吟味した旬の魚、SASHIMI
 氷に埋もれたさぬきの鱸
  山葵麹でお召し上がりください

料理の山場を迎える前に、一息つける逸品です
 MSU、はやし家製麺所さんへの特注品は、
  新感覚のうどんをパスタ風に

魚料理はスモークで
 伊予の鮑と鯛、阿波蛸を鉄鍋でスモークにしました
  農園野菜と大蒜ポン酢のチリソース
スモークにはスモーキーなきついお酒、
 度数45.8度の蒸留酒
タリスカー10年(¥900)をご用意いたしました
 味わってみたい方は、係りの者に申し付けください

メインは、香川が誇るブランド牛
 A5ランクのオリーブ牛を石焼で、
  音と香りもお楽しみください

〆の粒は、土鍋で用意いたしました
  溝口米穀店が現地に赴き確かめた美味しいお米は
   えらい所からやってきた新米
    種子島のコシヒカリを炊き込みご飯で
中屋醸造所の赤味噌汁とお漬物もご一緒に

デザートのはじまりは、、、

*野菜は、種付けから相談できる横井農園の減農薬野菜を使用



※9月のコース内容です。
※仕入れ状況により内容が変更になる場合がございます。

フレンチ懐石イメージ